NFT投資

NFT転売で稼ぐコツ|OpenSeaでやってみた結果250倍で売れた話

タコ

NFTを転売してサクッと稼ぎたいわぁ!

ふぁーぺん

NFT転売はうまくやれば一瞬で稼げるのが魅力だね♪

こんにちは。ふぁーぺん(@ENJOYNFT_Peng)です。

「NFT転売やってみたい…けどやり方がイマイチわからない…。」

そう悩んでいませんか??

NFTをつくるには、デザインしたり、コレクション作ったり…という作業が必要。

自分で販売まではできても、買ってもらえないと稼ぐことはできません。

そこがもどかしいんですよね…。

だから…

すでにあるNFTを転売して稼ぎたい!

そう思っている人は多いハズw

今回、僕がNFTの転売を行ったところ、売りに出して

たった2分で購入価格の25倍で販売できました!!

さらに後日、98倍での販売にも成功!!

さらにさらに、250倍での転売に成功しました!!(25倍の販売後に追記してます)

2022年6月28日現在の含み益は約90万円

ということで、この記事では僕が実際にOpenSeaで転売をやってみた結果をもとに、NFT転売で稼ぐコツについて紹介します。

これからNFT転売をやってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんなアナタにおすすめ
  • NFT転売で稼ぎたい
  • NFTをお得に買う方法を知りたい
  • これからNFT買う予定だけど転売のコツを知っておきたい

※この記事は、投資助言ではありません。実際にNFTの売買を行う際には自己責任で取り組んでくださいね。

NFTを買うためには仮想通貨取引所の口座が必要です。

9月30日までにコインチェックで口座をつくると、1,500円分のビットコインがもらえます。

もらえるものはもらっておきましょう♪

最短10分で手続完了!/

NFT転売をOpenSeaでやってみた結果

では、早速NFTの転売をOpenSeaでやってみた結果をお伝えします。

先ほどお伝えしたとおり、購入価格の25倍で転売できました!

概要は以下のとおり。

  • マーケットプレイス:OpenSea
  • ミント価格(購入価格):0.001ETH
  • リスト価格(販売価格):0.025ETH
  • リスト時のガス代(手数料):0.007ETH
  • 販売手数料(0.025×2.5%):0.0000625ETH
  • 二次流通手数料(0.025×10%):0.0025ETH
  • 粗利益:0.0144ETH

※ミント時のガス代省いてます(たぶん、0.002ETHくらい)

初心者のために専門用語を簡単に解説しますね。

  • マーケットプレイス:NFTの取引所。OpenSeaが世界最大。
  • ガス代:手数料のこと。暗号資産を送るときにお金が必要。
  • ミント:マーケットプレイス上に表示させる手続きのようなもの。
  • リスト:売りに出すという意味。ミントしただけでは買えない。

利益率が高いのも驚きですが、リストして2分経たずに売れたことにも驚きました。

僕もNFTの転売は初めてだったので、価格の設定とかトレンドの見極めとかが甘かったなぁと反省…。

たぶん、もっと高い価格(0.04ETHとか)でも売れたと思いますw

とは言っても、手数料を加味してもミント時の23倍くらいの利益です。

NFTで一攫千金を狙っている人にとっては正直もの足りない利益額かもしれません。

でも、300(0.0001ETH)円で買ったものを売って、3,800円(0.0144ETH)稼ぐってすごくないですか?!※2022年5月15日現在

ココさえしっくりきたら、NFT転売で稼ぐベースは整ってるも同然!

なぜなら、価格が違うだけで本質的には同じだからです!

あとは、転売するNFTコレクションを見極めて、安く仕入れて高い値段で販売するだけ。

やることは同じです♪

【追記】NFT販売したら買値の98倍で売れた話

買値は0.001ETHなので、98倍です!!

一応、証明としてこちらをご覧ください。

「ENJOYNFT_Peng」が僕のアカウントです。

約250円が約24,500円になったということです。

これですでに投資額はガス代を含めて回収済み。

この転売で得た利益で、また別のNFTを購入していきます♪

【追々記】さらに250倍で売れました

「CNPは、土日に盛り上がる!!」

とイケハヤさんが言っていたので、フロアプライスより少し高めの価格で出品したところ、購入されました。

これで、初期価格の250倍で売れたことになります。

イーサリアムの価格は推移するのですが、追記しているタイミングの換算だと58,000円くらいです。

250円が58,000円になったんだから、間違いなく爆益ですよねw

僕はもうこれ以上は売りに出しません。

これからもCNP関連のプロジェクトに注目します。

ちなみに、まだOpenSeaに登録してない方はコチラの記事をご覧ください。

NFTを買うまでの手順を全部お伝えしています♪

NFT転売で稼ぐコツを伝授

NFT転売をやってみて大きな学びがありました!

ズバリ、勝負は転売する前に決まっているということ!!

実践して学んだ転売のコツをバシッとお伝えします!

NFT販売で稼ぐコツ3選
  • 人気のジェネラティブコレクションを見つけ出すべし
  • ホワイトリストを手に入れるべし
  • 狙ったNFTは3個以上買うべし

それでは、順番に説明していきます。

人気のジェネラティブコレクションを見つけ出すべし

まず、はじめの大切なポイント!

それは、人気の出そうなコレクションをパブリックセール前に見つけ出すこと。

パブリックセールとは、コレクションがお披露目され一斉に販売されるタイミングです。

NFTコレクションには、一点物のコレクションと数千〜数万点同時に販売されるジェネラティブコレクションがあります。

狙い目は、ジェネラティブコレクションで、マーケティングがうまいコレクションだと販売前からかなり話題になっています。

一点もののコレクションは、その名のとおり一つずつしか販売されません。

そのため、人気のあるコレクションはすぐに完売します。

一方で、ジェネラティブコレクションは販売される数が多いので、パブリックセール時に買える確率が高いんですよね。

今回、僕が販売したコレクションの「CryptoNinjaPartners(CNP)」もそうですが、販売される1ヶ月以上前から期待度が高くなっていました。

期待度が高いコレクションは、一次流通価格(メーカー希望小売価格みたいなもの)が安くても、二次流通でドンドン値上がりする傾向にあります。

しかも、CNPの場合は22,222作品あったにもかかわらず、パブリックセール前のプレセールで完売…!!

この状況が生まれると、供給よりも需要が高まって値段が上がりやすくなります!

そのため、人気の出そうなコレクションを普段からリサーチしておくことが大切なんですよね♪

ホワイトリストを手に入れるべし

人気が出そうなNFTプロジェクト(コレクション)を見つけたら、次に大切なのがホワイトリスト(WhiteList/WL)です。

ホワイトリストとは

ホワイトリストとは、パブリックセール(公式販売)より前のタイミングで優先的に購入できる権利のようなもの。

つまり、プレセール(事前販売)に参加できるので、売り切れ状態を回避できます。

また、ホワイトリストを持っているとパブリックセールよりも安い値段で買える場合も多いです。

安く仕入れることができれば、販売価格が上がったときに差額が大きくなります。

なので、ホワイトリスト=圧倒的に稼ぎやすくなるという単純明快なロジックですね。

ホワイトリストの入手方法

僕は、今回のCNPで僕は運良くホワイトリストを手に入れることができたこともあり、合計で15個のNFTを購入しました。

(本当はもうちょっと買いたかったのですが、最後ギリギリ買おうとしたら売り切れちゃいまましたw)

では、ホワイトリストを手に入れるためにどうすればよいのでしょうか?

入手手段はいくつかありますが、基本的にはコミュニティに参加するのが一番手っ取り早いです。

コミュニティに参加すればホワイトリストをもらえるというわけではありません。

ただ、ホワイトリストの情報がたくさん流れてくるので、ゲットしやすくなります。

コミュニティは多くの場合、Discordというアプリ内のサーバーでつくられています。

コミュニティへの参加は基本的に無料なので、ドンドン参加しましょう♪

そして、そのNFTコレクションが盛り上がるように積極的に宣伝活動を行っていくのもホワイトリストをもらうコツですね!攻

狙ったNFTは3個以上買うべし

では最後、ホワイトリストを手に入れたら3個以上NFTを買いましょう。

コレクションによっては、ホワイトリストで買える数に限りがあるものもあります。

だいたい、3個とか5個とかですね。

ひとつしか購入しなかった場合、そのNFTを売ったら自分の手持ち分がなくなってしまいますよね。

人気のコレクションは、あとから価格がアップすることも多いので、すぐに売ってしまうのも実は損することになることも…。

でも、複数のNFTを買っていたらそのうちのひとつくらい売っても、特に損することもありません。

それにNFTホルダー(NFTを持っている人)になれば、たまに特典として「エアドロップ」と言ってNFTを無料でもらえたりすることも♪

なので予算に余裕があれば、3個以上買っておくことをオススメします!

CNPだけで含み益は80万円突破

CryptoNinjaPartnersのフロアプライス(最安値)は、6月28日現在0.5ETH。

※フロアプライスは常に変動します

一時期、0.9ETHにもなっていました。

500倍の価格ってスゴすぎますねw

フロアプライスも変動するし、ETH自体の価格も変動するので正確な数字ではありませんが、計算してみました。

  • 手持ちCNP:10体
  • フロアプライス:0.5ETH
  • 1ETH:160,000円(概算です)

これで計算すると…

0.5ETH=80,000円×10=800,000円

すでに初期投資費用は回収しているので、含み益は80万円を超えているということになりますね。

個人的にはもっと価格が上昇すると予想しているので、しばらくはホールドします!

ってことで、こういうことしながら稼ぎたいというアナタは、仮想通貨ブログやNFTブログを始めるのがおすすめ!

アナタの書いた記事で仮想通貨の口座を紹介して読者が開設してくれると1件で1万円稼げます!

こんな稼ぎやすいジャンルありません!!

NFTに投資した分もブログで稼いじゃえばいいんです♪

始め方全部まとめてるので、興味ある方はぜひご覧ください↓

NFT転売で稼ぐコツまとめ

NFT転売で稼ぐコツについてお伝えしました。

NFT販売で稼ぐコツまとめ
  • うまくやれば買った値段の25倍以上で売れる
  • NFT転売のコツ1,人気のジェネラティブコレクションを見つけ出すべし
  • NFT転売のコツ2,ホワイトリストを手に入れるべし
  • NFT転売のコツ3,狙ったNFTは3個以上買うべし

NFT転売で稼げるかどうかは、ホワイトリストをゲットできるかどうかが肝です!

運の良し悪しも関係しますが、そのコレクションのために宣伝したりすることでもらいやすくなるのは間違いありません。

なぜなら、クリエイターや運営陣は、積極的に広報活動してくれる人に渡したいハズ。

あきらかな転売目的が分かる人やそのコレクションに愛着のない人に、渡したいとは思わないでしょう。

なので、まずはアナタが好きなコレクションを見つけることが大切なのではないでしょうか。

僕もCNPを15作品迎えましたが、すでに愛着が湧いていて手放すのを迷ってしまうくらいですw

NFTは投資・投機目的もその魅力のひとつなので、日本や海外のコレクションをチェックしながら、転売にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

NFTの投機的な一面を批判する人もいますが、僕個人的には転売もNFTの魅力だと思います。

なぜなら、すぐに転売する人がいるからこそホルダーの人数が増えて、認知が広がるからです。

それに、NFTは転売されると運営に手数料が支払われるので運営側も喜ぶ人が多いですよ。

これは、リアルの転売ヤーとくらべて大きく異なるポイントですよね♪

ぜひ、アナタもNFT売買の楽しさを体験してくださいね。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ↓

>>NFT転売の稼ぎ方を3ステップで徹底解説!【550倍の爆益案件も】

NFTを始めるには仮想通貨の口座が必要です。

9月30日までなら無料でビットコインがもらえるキャンペーンを行っているコインチェックがお得!

最短10分で口座をつくれるのでこの機会にどうぞ♪

開設の方法が不安なかたはコチラで詳しく説明しています。